ExactTargetのSalesforce連携を利用すると、ExactTargetの画面からSalesforceのオブジェクトやレポートデータをインポートしたり、そのデータを使って一括メール送信をすることが可能です。

※Salesforce連携を利用するにはサポートにケースを上げて、機能を有効化してもらう必要があります。ExactTargetのSalesforce連携の設定方法に関してはMarketing Cloud Connectorの記事を参考に設定してください。

Salesforceのオブジェクト、レポートデータのインポート

[Interactions]>[Import]でインポートを作成します。

Salesforce連携の設定が完了していると、Sourceに[Salesforce Objects & Reports]が選択できるようになります。

etmc_sf_import

ObjectかReportのいずれかを選択して、フレーム内のエンティティを選択すると、以下のような項目選択のダイアログが表示されます。

etmc_sf_import_select_column

Includedにチェックをつけた項目がデータエクステンションのカラムとして取り込まれるので、インポートしたいデータにチェックをつけて、[Save Config]をクリックします。

インポートを作成すると、以下のようにメッセージが表示され、データエクステンションが作成されます。

etmc_sf_import_create

作成されたデータエクステンションはこんな感じ。まだインポートしていないので0件です。

etmc_sf_import_dataextension

インポートを開始するには、対象のインポートにチェックをつけて[Start]をクリックします。

etmc_sf_import_start

そうすると、こんな感じで取り込まれます。

etmc_sf_import_complete

Salesforceのレポート、キャンペーンを使ったメール送信

[Interactions]>[Salesforce Sends]の[Create]ボタンから設定を作成します。

etmc_sf_salesforcesends

基本的にはUser Initiatedなメール送信の設定と変わりませんが、Recipientsの部分がSalesforceのレポートやキャンペーンを選択することになります。

etmc_sf_salesforcesends_edit

データエクステンションに加えてSalesforceのレポート、キャンペーンを選択できます。

etmc_sf_salesforcesends_recipients

こんな感じで検索して、対象のレポート、キャンペーンを選択します。

etmc_sf_salesforcesends_report

Salesforce Sendの設定を作成した後は、対象にチェックをつけて[Send]をクリックします。

etmc_sf_salesforcesends_send

即時送信かスケジュール送信かを選択し、[I certify all of these people have opted in]にチェックを入れて、[Send]をクリックします。

etmc_sf_salesforce_sends_edit

これによって、非同期でメール送信処理が走ります。Marketing Cloud Connectorの設定を行っている場合は、Salesforce側にEmail Sendsレコードや送信結果のログであるIndividual Email Resultsレコードが作成されます。

etmc_sf_salesforcesends_result