2017-02-26

Travis CIでgolangのテストを行う

Travis CIでgolangのテストを回したいときの.travis.ymlの設定についての備忘録。

Makefileがない場合

以下の設定ファイルだけで動きます。
language: go

Travis側ビルドが走ると

$ go get -t ./...

で、依存パッケージをインストールして、

$ go test -v ./...

で、テストが走ります。

Makefileがある場合

依存パッケージのインストールは自前で書く必要があり、最低限動かすには以下のように書く必要があります。
language: go

install:
  - go get -t ./...

テスト自体はgo testではなく、以下のmakeコマンドが実行されます。

$ make

参考URL

このエントリーをはてなブックマークに追加