今更ながらURL短縮サービスのbit.lyGoogle URL ShortenerのAPIを叩いてみましたーということで備忘録

bit.lyのURL短縮のAPIを叩く

認証に関してはOAuth2.0のAuthorization Code Grant、Resource Owner Credentials Grantsが利用可能でBasic認証にも対応してます。第三者に利用させないのであれば確認用のaccess_tokenを発行して試すことも可能。

Basic認証だとこんな感じ

レスポンスはtext/plain形式で返されます。

ここで取得したアクセストークンを使って、bit.lyのAPIを叩くことができます。URL短縮のAPIは以下の通り。

レスポンスはこんな感じ↓

Google URL ShortenerのAPIを叩く

OAuth2.0で取得したアクセストークンを利用する方法とAPIキーを使う方法があります。今回はAPIキーを利用する方法で試してみます。

事前にやることは以下の2つです

  • Developer ConsoleでGoogle ShortenerのAPIを有効化
  • APIキーを発行

APIキーの発行はこんな感じで↓

google_create_apikey1

google_create_apikey2

google_create_apikey3

取得したAPIキーを使って以下のようにしてAPIを叩きます。

レスポンスはこんな感じ↓

参考URL