Windows のEC2インスタンスとprivate subnet内のEC2インスタンスをVPN接続したいとき、

Windows ===ルータ===EC2(private subnet) というような構成になるが、

WindowsとルータをVPN接続しつつ、ネットワーク接続も利用する場合は、

ネットワークの設定で[リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う]を外す必要がある。

参考URL:http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ksd/nsd/support/dialup/vpn_s_xp.html

 

チェックをつけた場合は、全てのトラフィックがVPNで接続しているネットワークのゲートウェイ経由で

インターネットに接続しようとする(デフォルトゲートウェイがVPNのルータになる)。

 

しかし、チェックをつけない場合は、ネットワーク接続とVPN接続を併用できるものの、

デフォルトゲートウェイが既存のものなので、

windows側のローカルIPが192.168.x.x とかでEC2側が10.0.x.x とかの場合は

10.0.x.xに対するトラフィックがネットワーク接続のデフォルトゲートウェイを通ってしまうため、

結果として接続できなくなってしまう。

 

したがってwindowsのインスタンス上で、EC2のprivate subnetに対するルーティングを以下のように設定する必要がある。

 

ちなみに、私の試した環境ではWindowsのEC2インスタンスとVPN接続する場合は、

ネットワーク接続と併用しないと既存のRDP接続が失われてしまい、結果としてVPN接続できなかった…。

多分、デフォルトゲートウェイがVPNルータになるからかな?