CI as a Serviceに触れてみよう第一弾として今回はwerckerを触ってみます。

巷ではTravisCICircleCIが有名ですが、privateでフリーなgitリポジトリを利用したかったので

bitbucketが利用できるwerckerを選択!

 

werckerを使うと…

リモートリポジトリにソースをpush

→リモートリポジトリがwerckerに対してWebフック

→werckerが対象のgitリポジトリからソースをダウンロード

→werckerがgitリポジトリ内にある設定ファイル(wercker.ymlなど)からCI用のVMを作成し

必要なモジュールインストール及びビルド、テストを自動実行

→必要に応じて自動デプロイを実施

というフローでCIしてくれます。

 

今回はbitbucketに対してソースをpushすると自動的にwerckerでテストを走らせて

通ったらOpenShiftに自動デプロイをする、というのをやってみます。

1. Webアプリを準備

今回は(も?)Python/Flaskでやってみます。

ソースをtreeした結果はこんな感じ

 

対象のFlaskアプリのciapp.py↓

 

と、そのテストコードのtest_ciapp.py↓

 

applicationファイルはOpenShiftでFlask動かすためのwsgiの設定ファイルで以下のように記述

OpenShiftでFlask動かすためのサンプルはこちらを参照→openshift/flask-example

 

requirements.txtはpip installでライブラリとかインストールするためのファイルで

依存関係のあるライブラリを以下のようにして書き出せばOK。

2. bitbucketにリポジトリを作成

bitbucketに適当なリポジトリを作成します。

bitbucket-for-wercker

3. Werckerでアプリケーションの設定

werckerにログインして、アプリケーションを作成します。

wercker-top

今回はbitbucketを選択

wercker-app1

対象のリポジトリを選択

wercker-app2

Configure Accessはgitリポジトリからcloneする権限をwerckerに付与する設定です。

詳細はこちらから。

wercker-app3

ここではbitbucketのリポジトリのデプロイキーをwerckerに付与しています。

bitbucketのリポジトリの設定でwerckerが追加されていることを確認できます。

bitbucket-wercker-deploykey

次にwerckerがリポジトリのソースを見て「こんなwercker.ymlどう?」ってリコメンドしてくれます。

イチから作る場合は、ここは飛ばしてもOK。

wercker-app4

wercker.ymlはCIの環境設定を行うファイルになります。

ざっくり言うと、どのプラットフォームでどういったビルド・テストスクリプトを動かして

どういう風にデプロイするか、というのを設定できます。

werckerでCIを行う場合は、このファイルをgitリポジトリ内に入れる必要があります。

 

今回のアプリの場合のwercker.ymlはこんな感じになります。

boxはOSや必要なソフトウェアがインストールされた環境でdockerのコンテナ的な感じ。

今回はpython使うのでwercker/pythonを利用。

 

buildはwerckerでビルドを実行した時の処理内容を記述します。

 

stepというのはビルドやデプロイの一つ一つの操作・工程を示しています。

virtualenvやpip installなどpythonお馴染みのコマンドはwercker側で提供されてます。

scriptではシェルスクリプトを自由に書ける部分になり、今回はnoseを使って自動テストを行っています。

 

上記例だとvirtualenvでpythonの仮想環境構築

→仮想環境上でpip installで必要なライブラリをインストール

→テスト実行

という流れになります。

 

werckerにアプリを作成した時点でbitbucketのリポジトリには前述のデプロイキーと

フックの設定が追加されているので、werckerでの自動ビルドまでが出来るようになっています。

4. OpenShiftへのデプロイ設定

ビルドまでうまくいくのを確認したら

今度はOpenShiftへの自動デプロイの設定を行います。

OpenShift側でテキトーなアプリ(ギア)を作ってAuthorization Tokenを発行します。

openshift-add-authorizationtoken

openshift-create-authorizationtoken

werckerのアプリのSettingsでAdd deploy targetからOpenShiftを選択すると

以下のようにAuthorization Tokenを要求されます。

wercker-deploy-openshift1

そこで、上記で発行したAuthorization TokenをコピペしてConnectすると

OpenShiftや対象のブランチ、自動デプロイの有無の設定画面が表示されます。

wercker-deploy-openshift2

Saveをすると、werckerの公開鍵が表示されるのでコレをOpenShiftの公開鍵として登録します。

wercker-deploy-openshift3

あとはSaveを押して設定を保存します。

これでビルドが成功したらwerckerが持ってる秘密鍵を使って

自動的にOpenShiftにデプロイする設定が完了しました!

実際の動作

bitbucketのリモートリポジトリに対してpushするとフック設定によりwerckerが動きます。

werckerが動くと対象アプリのビルド一覧が更新されます。

wercker-builds

ビルドの詳細はこんな感じ

wercker-buildlog

 

ビルドのステップで一つでもミスるとビルド失敗になります。

コマンドの戻り値が0以外で返って来たらミスという判定になっているっぽいです。

コマンドのログも画面上でちゃんと見れます。

wercker-buildlog-nosetests

 

自動デプロイの設定をした場合はビルド成功後に自動的にデプロイタスクが実行されます。

wercker-deploys

 

今回はOpenShiftにデプロイしましたが、デプロイでもビルドと同じようにスクリプトを書けるので

Capistrano、fabric、dockerやら何でもいけちゃいます。herokuも対応してます。